TDSナビ

電気・インフラ設備の
お役立ち情報

技術だけじゃない。
想いがそこにある。

少量の試料から迅速に絶縁油を抽出する技術

近年、経年劣化したOFケーブルや油入変圧器などの油入電気機器の更新ニーズが高まっていますが、これら劣化した油入電気機器を廃棄するにあたり、絶縁油中のPCB濃度の検査が義務付けられています。しかし古いOFケーブルや脱油された変圧器などの場合、採油口(バルブ)を開いても、油が流れ出てこないことがあります。

 

そこで当社では、設備を一部切断し、その構造物(絶縁紙等)より絶縁油を抽出する方法を新たに開発しました。
※特許第6032778号「絶縁油の採油方法及び分析方法」

 

PCB濃度分析以外にも事故調査など、分析試料を絶縁紙等から確保したい場合にも活用でき、これまで多数の実績のある技術ですので、お困りの際は、お声がけいただければと思います。

従来の方法よりも精度が高く、かつ早く分析が可能!

この絶縁油抽出技術は、以下の特長を有しています。

 

・OFケーブルの場合、約10cmあれば分析が可能のため、現場で短く切断することで済むため、その後の端末処理の長さが確保でき、引き抜き作業に支障をきたしません。

・従来の手法であるヘキサン抽出法と比較して、分析時間が早いため、迅速に分析結果をご報告できます。

・ヘキサン抽出法のように有機溶剤を使用せず、加熱操作なども行わないため、他成分の混入や分解の心配が無く、精度の高い方法です。

・休止ケーブルの掘削・撤去工事なども、当社で同時施工が可能です。

対象設備とご依頼までの流れ

【対象となる機器】
※絶縁油が枯渇して、流れ出てこない設備が主な対象となります。
・脱油した古いOFケーブル
・脱油した古い変圧器
・その他コンデンサなど

 

【ご依頼までの流れ】

STEP1:古いOFケーブルや脱油した古い変圧器などの一部を解体・切断して当社まで運搬・送付(当社で解体・撤去・運搬も承ります)

STEP2:切断した部材より絶縁油を抽出(特許技術)

STEP3:抽出した絶縁油を分析(PCB濃度分析、油中金属物質等、成分分析など)

関連するサービス/技術

  • ケーブル・管路設備保全工事
    電力ケーブルやケーブルを収納する管路・地下トンネル(共同溝・洞道)に関する保全および工事をトータルでサポートいたします
  • PCB無害化処理
    現在使用中で微量PCBが含有されている変圧器に対して、エコでスピーディかつ低コストな処理で当該変圧器を無害化いたします
  • PCB濃度分析
    PCBが含有している可能性のある油入変圧器やOFケーブルなどに使用されている絶縁油のPCB濃度分析を迅速かつ正確に測定いたします

あわせて読みたい関連記事